WordPressカスタム投稿タイプをカテゴリ・タグ毎にアーカイブ表示させるには

カスタム投稿タイプとは

カスタム投稿タイプはWordPressにおける独自の投稿タイプであり、WordPress毎に設置できます。
カスタム投稿タイプは既存の投稿や固定ページと分けて設置でき、管理画面における独自の名前付けをはじめカテゴリ・タグの設置など細かく設定できるので、一度作ってしまえば投稿者(クライアント等)にとって分かりやすく便利です。

カスタム投稿タイプを新規作成するには、テーマ内のfunction.phpにregister_post_typeを書き込む必要があります。
関数リファレンス/register post type | WordPress Codex 日本語版

カスタム投稿タイプ毎に、独自の「カテゴリ」と「タグ」を設定できます。
これらの「カテゴリ」と「タグ」は見かけのもので、実体は「カスタム分類(=カスタムタクソノミー)」です。
カスタム分類 | WordPress Codex 日本語版
カスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミーについて整理してみた|free WordPress Theme Principle

カスタム投稿タイプに独自の「カテゴリ」「タグ」(カスタム分類)を設定するには、
function.phpにregister_taxonomyを追記します。
関数リファレンス/register taxonomy | WordPress Codex 日本語版

カスタム投稿タイプの「カテゴリ」「タグ」毎のアーカイブページを作成・表示

カスタム投稿タイプの「カテゴリ」や「タグ」毎のアーカイブページ(archive.php的なもの)が必要な場合、以下の作業が必要です。

taxonomy_{$taxonomy}.php という名前のファイルをテーマ内に作り、archive.php等と同様に内容を書き込んでいきます。
ここでの$taxonomyとは、’register_taxonomy’で設定した$taxonomy(Codex)であり(「{」と「}」は不要)、
分かりやすく書くと
taxonomy_カスタム分類名.php
です。
カスタム分類名をカスタム投稿タイプ名と混同しないよう注意。
ちなみに、カスタム分類名には「-(ハイフン)」を含まないほうが良さそうです。「_(アンダーバー)」はOK。
カスタムタクソノミーのアーカイブページで404エラー|WordPress日本語フォーラム

設置の例

例)
WordPress設置URL http://example.com/
カスタム投稿タイプ名「events」($custom_post_type)
カスタム分類名「events_cat」($taxonomy)
管理画面よりevents_catにカテゴリ「スポーツ」(スラッグ=「sports」)を追加

とした場合、

taxonomy-events_cat.php
を作り

http://example.com/events_cat/sports/
にアクセスすると、
カテゴリ「sports」に該当する記事のアーカイブが表示されるはず。

補足: パーマリンクのカスタマイズ

http://example.com/events_cat/sports/ (events_cat はカスタム分類名)

http://example.com/events/sports/ (events はカスタム投稿タイプ名)
と表記したい場合には、
function.php内のregister_taxonomyに
‘rewrite’ => array(‘slug’ => ‘events’)
と追記すればOKです。
カスタム分類のページの URL を変更する|webdesign leaves

InstantWPでphp.iniの設定がリセットされる

WordPressの簡易開発環境として便利なInstantWordPress。
既存WordPressからエクスポートしたデータが12MBあったため、
iwpserver\server\php\php.iniの

「post_max_size=2M」
「upload_max_filesize=2M」

これらをそれぞれ「20M」などに書き換えしたのですが、
php.iniがリセットされてしまいます。

調べると、
\iwpserver\server\config_tpl\php.ini
こちらを弄るのが正解でした。

InstantWordPressを一旦終了させて、
上記php.iniを書き換えて再起動すると「20M」に書き換えできました。

Atomショートカットキー一覧(for Windows)

Windows版のAtom(editor)のショートカットキー(keybindings)です。
個人的に重要そうなものにはを付け、Ctrl + s など周知のものや使わなさそうなものは省いています。
細かくいろいろありますが使いこなしたら作業効率が上がりそうですね。
続きを読む

ネーミングのコツ~当サービスの名前が決まるまで

新事業のネーミング

事業は、まずネーミングありき

事業は、まずネーミングありき、だと思います。
礎(いしずえ)となる名前が決まらないと、すべての他のデザインに取り掛かることが出来ません。

新事業立ち上げに伴うデザイン工程(順番)

  1. ネーミング
  2. ロゴデザイン
  3. 事業カラーの決定
  4. 名刺・ホームページ・店舗・カタログ等のデザイン サービスのディティールのデザインetc…

ネーミングが出来ていなければロゴも作れませんし、名刺やカタログも作れないので営業にも差し障ります。
続きを読む

リンクをhoverしたときにゆっくり文字の色が変わる簡単CSS

green-light

マウスカーソルをhoverするとこんな感じにゆっくり色が変わるリンクのCSSです。 続きを読む

.htaccessでホームページアドレスのwwwあり・なしを統一しよう

.htaccess
検索エンジンは、ホームページアドレスの
www.yourdomain.com

yourdomain.com
を別モノとして扱います。

通常、どちらも表示される内容は同じだと思いますが、そのままだと検索エンジンが混乱してしまいます。そこで「.htaccess」ファイルを使って、ホームページアドレスのwwwあり・wwwなしを統一(いずれかに転送)する方法です。
続きを読む

WordPressの記事執筆中に「接続が切断されました」と表示されたら最大行表示エディターを疑う

WordPressの記事執筆中に
接続が切断されました。再接続するまで保存を中断します。念のため、お使いのブラウザ上でこの投稿をバックアップしています。
という赤い表示が出ました。

最大行表示エディタのチェックを外す

表示が出て以降、サイトの表示がめちゃくちゃ重い。
他のウェブサイトは問題なく見れるので、回線ではなく、テンプレートに変な記述をしてしまったかと焦りましたが、すぐに解決しました。
続きを読む

WordPressにSNSシェアボタンをjavascriptで設置する

WordPress
SNSシェアボタンをWordPressのPostやPageに設置する際、WordPressのプラグインを使うと、位置の微調整やコントロールの面で何かと不便ですね。

そこでjavascriptで設置するボタンのご紹介です。
Twitter, Facebook, Google+, Evernote, はてブ, Pocket, LineのSNSシェアボタンが設置できます。
現在の記事のタイトルやパーマリンクを自動で挿入するためにWordPressテンプレートタグを使っています。
続きを読む

WordPressの投稿画面でビジュアルリッチエディターを使わない方法

ビジュアルリッチエディターをオフ

WordPressの投稿画面でビジュアルリッチエディターを使いたくない場合、
管理画面から「ユーザー」⇒「あなたのプロフィール」で、
「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れましょう。
ビジュアルリッチエディターがオフになり、表示されなくなります。
続きを読む